So-net無料ブログ作成

無免許バイク逃走、17歳逮捕(産経新聞)

 24日午前0時15分ごろ、大阪府松原市天美西の市道交差点で、松原署のパトカーに追跡されていたミニバイクが左折する際に転倒、運転していた松原市内のとび職の少年(17)が左足に軽傷を負った。同署は道交法違反(無免許運転)の現行犯で少年を逮捕した。松原署によると、少年は転倒現場の約400メートル東にある近鉄南大阪線の踏切を一時停止せずに通過。警戒中のパトカーが発見し、停止を求めたが逃走したという。

伊丹から上海にチャーター便 ひょうごツーリズム協会(産経新聞)
ニキビ 放っとかないで 早めに皮膚科できれいに 初期治療も可能な新薬(産経新聞)
子ども手当 満額断念「現金」「現物」上乗せ 選択、自治体任せ(産経新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
慈恵医大病院を捜索=「申し訳ない」と医師―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)

<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は10日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で同日、制御棒1本の挿入操作にミスがあり、試験を一時中断したと発表した。制御棒は約2時間後、正常に挿入された。環境への影響はない。

 原子力機構によると、この日の試験終了時、19本ある制御棒の2本を全挿入しようとしたが、運転員が操作を誤り、全挿入から3ミリ手前で制御棒が止まったため、午後8時50分に試験を中断。再び挿入操作を始め、同日午後10時38分に全挿入を完了した。原子力安全・保安院によると、運転員は今回、制御棒を初めて操作しており、全挿入の手前で制御棒のスピードが落ちることを知らなかったという。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:冷却系配管で高温警報

観光バス衝突、12人けが=千葉・いすみ市の国道(時事通信)
<交通事故>乗用車とトラック衝突、2人死亡 福島の国道(毎日新聞)
介護報酬「特養過払い」新たに佐賀・広島で(読売新聞)
支持率20%割れで首相「国民いらだち」(産経新聞)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める−民主・小沢氏(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。