So-net無料ブログ作成
検索選択

眞鍋かをりの元所属事務所社長に有罪判決 3億円脱税で東京地裁(産経新聞)

 タレントの眞鍋かをりさんや小倉優子さんらが所属していた芸能プロダクション「アバンギャルド」(現・市エステートコーポレーション、東京)が法人税約3億4500万円を脱税したとして、法人税法違反(脱税)罪に問われた同社社長、牧野昌哉被告(42)と同社の判決公判が5日、東京地裁で開かれた。野口佳子裁判長は牧野被告に懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)を、同社に罰金8500万円(同罰金1億円)を言い渡した。

 野口裁判長は脱税の手口を「架空の契約書を作成して関連会社からタレントの紹介や移籍を受けたように装い、所属タレントのテレビ出演料などを関連会社に付け替えるなどした」と指摘。「さまざまな方法で所得をすべて秘匿し法人税全額を免れており、大胆かつ巧妙で悪質」と非難した。一方で「平成15〜19年の本税、重加算税、延滞税をすべて納付している」などと執行猶予とした理由を述べた。

 眞鍋さんや小倉さんは20年、別の事務所に移籍。眞鍋さんはアバンギャルドや移籍先を相手取り、契約関係解除の確認を求めた訴訟を東京地裁に提訴している。

 判決によると、牧野被告は架空の紹介移籍料を計上するなどの手口で、18年12月期までの3年間に、約11億5900万円の法人所得を隠し、法人税約3億4500万円を免れた。

【関連記事】
眞鍋かをりさん「家宅捜索受け屈辱的思い」契約解除求め事務所を提訴 
3億円超脱税容疑で芸能プロ社長を逮捕
眞鍋かをり、5カ月ぶり「とくダネ!」レギュラー復帰
小倉優子が訴訟中の先輩・眞鍋にエール
眞鍋、イベントドタキャン…トラブル原因?

小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案−研究班(時事通信)
雑記帳 全国の雛人形16点 青森県立郷土館で展示(毎日新聞)
女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化(産経新聞)
<シュワブ陸上案>反対意見書可決 名護市議会(毎日新聞)
時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。